排除と包摂:人類学機械

人間/動物、人間/非人間といった対立項を介した人間の産出が、今日の文化において賭けられているかぎり、人類学機械は、必然的に排除[エクスクルジオーネ](つねにすでに拘留でもある)と包摂[インクルジオーネ](つねにすでに排除 […]

続きを読む →

人工物の政治性

アメリカの技術哲学者ラングドン・ウィナーは、『鯨と原子炉――技術の限界を求めて』(紀伊国屋書店、二〇〇〇年)のなかで人工物がそれ自体として政治的な性質を持つことを指摘し、技術の有する政治性に警鐘を鳴らした。政治的な人工物 […]

続きを読む →