8/22-23 戦後日本住宅伝説、『西の魔女が死んだ』

Twitterをやめたので(といってもひと月以内に復活してしまいそうなのだけど)、日記を書いてみようと思う。

8/22(金)

朝からバイト。うまく眠れずに寝不足だったけれどもなんとかこなす。コーディングと文章作り。

昼休みに上司とピザを食べにゆく。出会い系であったという大変なメンヘラさんの話をきく。来週上司が死んでたら困っちゃうな、と思いつつ、いままで会ってきたメンヘラめいた人々が「まだまし」だったと思い出す。

帰ってからすぐに寝てしまい、起きたのは日付が変わった頃だった。

お風呂に入り、朝の残りの炊き込みご飯を食べる。ゲームをしつつラジオを聞きつつ『西の魔女が死んだ』を読み終える。文体の心地よさ、描く世界の心地よさに、どこか胸が苦しい。

8/23(土)

5時くらいに寝直し、起きれば12時。外にでる支度をして、板橋駅から北浦和へ。埼玉県立近代美術館で『戦後日本住宅伝説』と、常設展示室の二番目の部屋の荒川修作の絵とを観る。読むように見ること。かつて一度だけきたことがあって、そのときも常設展示室の二番目の部屋に長くいた。明るい部屋に抽象絵画。

美術館を出て、公園にあるカプセルタワーのカプセルを観ようか、と思ったけどやめて駅のほうへ向かう。夏休み後半の、気温だ、と思う。

20140823-IMGP9499

適当に検索して出てきたカフェに向かうもclosedの文字。窓の隙間から人の気配は見えたものの。
駅の反対側に向かって見つけたカフェで二時間ほど本を読んで過ごす。

帰りの電車からの空色が少しちがって見えたこと。異化、Остранение。
京浜東北線が川を越えるとき、いつだってどこか懐かしいのは地元の風景に似ているからだろうか。川のある街を思う。

しあきたし、ぜつぼうごっこはやめにしておとといからの食器を洗う/笹井宏之

「ぜつぼう」にゆっくり殺されていることもあって、でも「絶望」になりきれない。そんな哀しい可笑しさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です