7月某日の日報

【新卒ランチ】
それぞれにそれぞれのラブ。

【週末やったこと】
MAMINION@雷神, 中野
http://azumamiko.hatenablog.com/entry/2015/07/06/015516
スローガン?的な文章がエモかったので全文引いてみる。

「まだ選べる」というペンディングが、いつまでも決定を先送りし続けるエクスキューズにしかなりえないまま迎えた9回裏ビハインド。そこにはゲームセットへの不安と同時に、たくさんの「選べたかもしれなかったこと」が断ち切られるカタルシスへの期待もたぶんある。
MAMMUNEの頃も含めれば通算9回目となるMAMINIONは、そんな諦念と期待に満ちている。何度目かのスリーアウトチェンジを経て、一球ごとにバッターボックスを悔やみながらも、野球に夢──決定的な一打という夢──を見てしまうキッズたちのための最終回。

東大情報学環の制作展「グッバイ・マイ・ボディ」
http://www.iiiexhibition.com/
いくつか面白かった作品について。
– 吉田成朗「涙眼鏡」:涙を流す機能を備えたメガネ。「涙を流していると錯覚させることで体験者の心的な変化を誘発する」という、感情へのハッキング。
– 池田昂平「a Piece of」:掌紋を画像解析し、Google Mapsの衛星写真から、地球上で似た地形を探し出す。「人は誰しも掌に個人の土地を所有しており、そこに刻まれた河川や峡谷は世界を構成する一部である。本作品では来場者の掌紋に類似した土地を世界地図から探す事で、あなたの知る掌とさようならをする。」
– 榊原佑太「見られシューティング」:OculusRiftを用いたシューティングゲーム。一人称視点でなく、自分を斜め上からみるような視点を用いることでとても難易度が上がっている。自分自身を別視点から知覚し制御する、目の解体と拡張。

 

巣鴨で秘密のアイテムを買う
オモシロドリブンデベロップメントの資材。

・知り合いのシャツ屋( https://www.facebook.com/HemeraTokyo )のセールでシャツを仕立ててもらう。
秋冬ものなので着るのはさきのこと。

・めちゃくちゃ締め切りを破っている記事を進捗した
ごめんなさいという気持ちしかない。今日夜にできるかな。

【雑感】
山中俊治 Shunji Yamanaka ?@Yam_eye  2014年6月26日
ものづくりのセンスを磨く最良の方法は、自分のセンスを信じて作ってみてがっかりする体験を、少なくとも3回繰り返すこと。
https://twitter.com/Yam_eye/status/482088821073248257

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です