2014.5月の短歌

もうすっかり詠まなくなってしまったけどほそぼそまとめる。

ちゃんと詠まないし読まないからあんまし進歩がない。

 

14

ふと指のあいだを零る この水は夏のさきがけ夏のきらめき #tanka

posted at 11:56:24

皐月日は緑を透かし抱きおり細身の柄の日傘は揺れて #tanka

posted at 13:06:41


15

いつの間に、と思う。過ちの深さだけひとりのベッドに沈み込みゆく #tanka

posted at 00:28:25

たましいに触れた気がした.com 風ひとつ吹く午後のさよなら #tanka

posted at 00:38:12

空色を教えてくれたはずなのにいまはもう世界中が鳥籠 #tanka

posted at 00:53:43

忘れたふりをしながら抱き寄せるように日々のほとりに夕焼け満ちて #tanka

posted at 01:04:36


22

ざらついてしまった明日の行方とか沖縄の空に流していたい #tanka

posted at 00:03:02

繋いでも迷子のままでいてしまう掌の温度がわからない #tanka

posted at 00:16:58

逆上がりすれば昼下がり飛び立って あなたはスカイブルーを知ってる #tanka

posted at 00:25:45


23

初夏に乙女は恋を拗らせてグッドメンヘラ・バッドメンヘラ #tanka

posted at 22:32:10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です